編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2021-01-13 (水) 11:41:18
トップページ / FAQ / おすすめ将軍

おすすめの将軍 Edit

今作は戦車がとても強力なので、装甲将軍を最優先に雇った方が良いです。
その後は海軍将軍か火砲将軍かで迷い所ですが、海軍将軍が0人だと特定ステージでの攻略難度が跳ね上がります(主に侵入)。シナリオにおいては主に火砲将の方が使い勝手がいいです
前作同様今作も歩兵将軍の優先度はかなり低いです。

雇った将軍にスキルを付ける場合、流言がもっともオススメです。
縛りプレイをしない場合、
戦車将軍2名:グデーリアン、ロンメル(課金者はマンシュタイン。ロコソフスキー雇うくらいなら既存の戦車将や他の将軍(特に同じ陸軍の火砲将)を強化しよう。始めたばかりの方はメッセを雇いましょう。コストが低く解雇時の損失も低いのでオススメです)
火砲将軍2名:コーネフ、レープ(課金者はジューコフ)
空軍将軍1名:アルノルト(2人目には普通は要らないが演習等でどうしても必要な場合はダウディング)
海軍将軍1名:デーニッツ(勲章が十分になく、今すぐ海将が欲しい方はニミッツ。シナリオ全★3クリアには力不足なので第二の海将を雇うのではなく、彼を解雇し、デーニッツを雇おう。ちなみにアイゼンハワーは不要。彼を買うぐらいならそのお金で勲章を買い、デーニッツを雇おう。)
を最終形態として雇うといいでしょう。これで全シナリオ、演習はクリア可能です。上に書いてないことから察していると思われますが歩兵将軍はシナリオ、演習クリアの上では一切必要ありません

初期(初心者向け)将軍 Edit

※ここでは火砲将軍や空軍将軍については書いていない。なぜならそれらはヨーロッパおよび、太平洋シナリオをクリアするためには必要なく、また、それらが必要になるぐらいの進行度では勲章も十分にあるため雇う将軍はちゃんとしたゴールド将軍であるコーネフや遅めにはなるがアルノルトとなるからである。

戦車将軍 Edit

メッセ:勲章は550で安いのにもかかわらず戦車4で流言持ち。歩兵と戦車も兼用可能。コスパの塊なので序盤~中盤にかけて活躍する。一応、征服では将軍枠が8人で後半の演習でも将軍枠は12人なので、彼を解雇せずに残しておいてもよい。流言持ってるので、終盤の演習に潜水艦に載せたり、戦車に載せたりと色々補助戦力として使える。

海軍将軍 Edit

クズネツォフ: 価格は安いとは言えないが,流言もちで火力もなかなか。強い海将を雇うまでの繋ぎとしては息も長く,太平洋シナリオや征服でも活躍できる。空軍は★4と高めであるが、ヨーロッパ、太平洋シナリオにおいては空軍はほとんど需要がないのであまり意味がない。ニミッツステージクリアにも役立つ。
ただ、メッセは必須だが彼は必ずも必要なわけではない。シナリオでつまずいたら、今までクリアしたところの困難や演習、挑戦、征服等で勲章、資源を稼ぎ、資源は技術に、勲章はグデーリアンを雇うために取っておけば彼は雇わずに済み、解雇時のロス(解雇した際は購入費の8割しか返還されない)もなくなる。グデーリアンまでメッセ1人で頑張るのが1番だが、どうしても海空軍将が今欲しい始めたての方は彼を雇うのをオススメする。もしせっかく雇ったのならニミッツではなくデーニッツまで頑張って勲章を貯めましょう。デーニッツを雇う際は解雇しましょう。未強化のデーニッツでも彼1人で海は安泰です(全シナリオ、演習クリア可)。ただ、流石にゴールドで上げられる色の階級(赤色まで)は上げとかないと無理だと思いますが...。

シナリオクリアを目指している方にオススメの将軍 Edit

戦車将軍 Edit

パットン、モンゴメリー、ロコソフスキー、グラツィアーニは雇うのをおすすめしません。

グデーリアン:無課金将軍最強。ゴールド将軍の中でも真っ先に雇うべき。コストは高いが、装甲★6行軍★5を有する。電撃戦のレベルも最初から高くそこそこの確率で敵の反撃を許さない。付けるスキルによってはマンシュタインを超えうる。流言ともう一つはお好みで。 ゴールド将軍の中では1位を争う高さだがメッセを雇ったら彼まで頑張って勲章を貯めよう。グデーリアンを雇う際メッセは解雇しても良いが残しておくと後々のロンメル第3ステージの攻略に役立つ。
ロンメル:伝説の将軍。無課金戦車将の中ではグデーリアンに次ぐ強さ。ステージ3までクリアできれば、勲章1600台で雇えてコスパが良いです。 装甲は初期から★6なのも強い。ただ、機動力は★3と強化も出来ず、征服などではグデーリアンと共に進軍させるとその差が顕著に現れる。とはいえ、マンシュタインを除いた戦車将の中では2番目に強く、数少ない十字砲火持ちなので火砲部隊などの盾役としてはグデーリアンより強い。空きスキルに流言と電撃戦を入れる関係上、装甲指揮官を入れられないのがキズ。ただし、その安さやそれに見合わないほどの強さを持っており彼を雇わない理由にはならない。

マンシュタイン:課金するならまずは彼。戦車と機動力が何と最高の★6であり、スキルも文句なしで戦車将として1番の火力を誇る。鋼鉄の洪水もありHPが低下しても火力が維持される。流言を付けられないことがキズ。総合的には空きスキルにが2つあるグデーリアンと同等の強さ。ロンメルの代わりとして雇おう。戦車将は2人いれば十分。

火砲将軍 Edit

コヴォロフ、チュイコフ、アレクサンダーは雇うのをおすすめしません。

コーネフ:伝説の将軍。ゴールド将軍の中で2番目に雇うべき重要人物。ジューコフを除き、ゴールド将軍の中で火砲将軍はコーネフしかいません。無課金将軍で火砲★6を有するのは2人のみ。
初期能力として,歩兵能力★4と奇襲をもっているので,歩兵にも載せられるのは嬉しい。

レープ:シルバー将軍。勲章1365で買える将軍。安い上にスキルも無駄がないのでコーネフステージをクリアする為に買っても良い。伸びしろが高く多くの勲章を要するのが難点。火砲★5。初期は足の遅さ★1に悩まされるが,強化しきれば機動力が★5になる。ただ、敵陣に突っ込みすぎてもすぐに溶けるので機動力は★4あれば十分。

ジューコフ:課金するつもりならマンシュタインの後に雇うべき。無課金のレープ的な立ち回り。コーネフよりも火力は高いが、流言などの追加スキルを付けられないのがキズ。総合的な強さはコーネフと同等か。また、歩兵将の兼任もでき、進入や歩兵メインの演習で役立つ。ただし、スキルは全て火砲系なのに注意。

海軍将軍 Edit

ハルゼー、南雲忠一、アイゼンハワー、グズネツォフはおすすめしません。

デーニッツ海軍将最強。ニミッツと課金将軍のアイゼンハワーの能力を遥かに超えている。スキルにも無駄がない。群狼作戦LV4を所持。味方艦多めのシナリオや征服、侵入で特に真価を発揮し、デーニッツの周りに配置した艦隊共々暴れてくれます。彼がいればほぼ全てのシナリオにおいて海軍は初期部隊だけで勝てる。つまり、力不足なニミッツで海軍の増産に割いていた資源を全て陸、空軍に使えるため間接的に陸戦でも勝ちやすくなる。

ニミッツ:40%引きで勲章1767個と安い。が、その分あまり強くはなく、現代や演習では彼1人では厳しい。とはいえ、彼の他にグズネェツォフ等を雇ったり、彼自身を強化したりするくらいなら海将最強のデーニッツを雇おう(ニミッツページに詳しく書いてある)。彼はデーニッツを雇える程の勲章はないが、今すぐに海将が欲しい人のみが買うべきである。将軍の解雇や空きスキルの変更ではそれらに要した勲章の8割しか返ってこないので注意。

アイゼンハワー:
(海軍将としてはトップ3の中に入っているので一応書きますが上記の通りオススメしません。)
課金将軍の中では1番優先度が低い。彼は海空兼任将軍だが様々な理由によりあまり強く無い。特に海空兼任将の宿命として、いかなるユニットに乗せても海軍か空軍の能力のどちらかが無駄になることが1番の要因である。階級やスキルレベル、機動力、空軍系のスキル、能力から見てニミッツよりは有能だが、1200円はたく程では無い。彼を買うくらいなら、その金で勲章を買い、デーニッツとアルノルトを買った方が良い(海軍将はデーニッツ1人さえいれば安泰である。ニミッツはまだ、勲章が足りないなどで雇うことがあるが、アイゼンハワーの購入に必要な金額は1200円であり、それを勲章2500と勲章350を買うのに使用すればデーニッツが買える勲章量に達する。なのでオススメしない。デーニッツを買おう)。

空軍将軍 Edit

ハルゼー、ニミッツ、山本五十六、アイゼンハワーはお勧めしません。

アルノルト:流言LV4を所持しているのでコスパが良い。空母に乗せても良し、重戦車に乗せて都市に滞在しても良し。海軍将軍との兼用は不可。
絨毯爆撃のレベルを強化しておくと,彼を演習でスーパー空母として用いたときに,演習がクリアしやすくなる。

ダウディング:伝説の将軍。難易度も他将軍より低めでコスパが良いが、同勲章帯にアルノルトというライバルがいる。滞在都市の経済を最大50まで上げてくれるのは大きな魅力。しかし、アルノルトは初期で流言Lv.4を持っており、さらにダウディングは2個しかない空軍専用スキルの内の1つの絨毯爆撃を持っていない。そのため空スキルが1つしかない関係上流言か絨毯爆撃どちらかを捨てなければならない。また、空将にとってはとても重要な機動力は初期状態は★1と目も当てられない。強化しても★3とアルノルトに一個劣る。しかも、爆破は空軍には適用されず実質死にスキルとなる。唯一勝っているのは火砲の★4の部分であるが、いかんせん火砲系のスキルがないためダメージはお察しの通りである(まだ、アルノルトの方が火砲で一方的に流言を発動させられる点で強い)。よって、彼を雇う人は少ない。強いて言うなら演習クリアのために雇うことがある。

ルントシュテト:本来は歩兵将だが、強化すると空軍が★5となる。かなり勲章が必要となるが、歩兵将としても使える為、征服などでは機動歩兵に乗せて自軍の進軍に合わせて空港、ミサイル都市から空港、ミサイル都市への陣地転換も歩兵の行軍スキルや歩兵と将軍自身の機動力を生かし楽に行える。空軍系のスキルは持っていないがどっちにしろ空軍系のスキルは有れば良い程度の強さでしかないためさして問題でない。繰り返すが、歩兵将との兼任(本来は歩兵将が本業)も出来るためダウディングを雇うより良いかもしれない。

歩兵将軍 Edit

マッカーサーはお勧めしません。また、歩兵将軍はいなくもシナリオ、演習はクリア可能です。

ルントシュテト:伝説の将軍。4割減で勲章1380で雇用可能。侵入用に雇っても良い。シナリオが全て完了してから、ハドソン湾演習等の高難易度歩兵のみ使用可能なステージ用に雇うのが良い。ただし、死にスキルにが2つあるのがキズ。とはいえ、歩兵将最強の山下を大金払って買うほど歩兵将の需要はないので勲章が有り余っていても山下よりルントシュテットを買うことをおすする。余った勲章は他の将軍の強化にあてよう。

山下奉文:前作同様異様な機動力は健在。歩兵最強の火力を持つ。歩兵能力が★6にup。ただ、価格が高いし歩兵自体がかなり弱いためそもそも歩兵将自体
を普通は雇わない。雇うとしても普通は安くそこそこ強いルントシュテット。1939及び1943の征服日本プレイで動かしてみると分かるが歩兵将最強の彼でさえ少し戦っただけで瀕死になる。マンネルヘイムはフィンランドの特殊兵が強いため少しは活躍するがスターリングラードを落とすのが精一杯。歩兵進入もコーネフでクリアできるし。

妥協枠(高難易度演習の補充) Edit

シナリオ攻略が終わった。演習で,将軍をもっと増やしたい...ただ課金はしたくないという方向け。

戦車将軍 Edit

パットンとグラツィアーニはおすすめしません。パットンは征服1980のアメリカプレイで使ってみれば分かりますがゴールド将軍とは思えないほどめちゃくちゃ弱いです。グラツィアーニはパットンほどは弱くはないですが、後述の3人と比べてみたら火力が圧倒的に低いです。

ロコソフスキー: ゴールド将軍。初期装甲レベル★5だが,強化すれば★6。掩体が死にスキルだが装甲指揮官が初期からLv.3と高め。ただ、指揮官系のスキルで特に装甲指揮官は実際の発動率がかなり低いのが残念。まともに使うには4000ぐらい勲章が必要。少なくても3500は用意しておくこと。その為普通は彼を含め第三戦車将を雇わずにロンメルやグデーリアン等の戦車将やその他(特に同じ陸軍の火砲将)の強化に勲章を回す。

モンゴメリー: ゴールド将軍。初期装甲レベル★5だが,強化すれば★6。縦深防御がビミョーだが,平原と十字砲火をもっている。
電撃戦と装甲突撃をつけると,火力がなかなかのものになる。空軍★4なのは地味にうれしかったり。

ヴァトゥーチン: シルバー将軍。シルバーの中では「最強」の火力を持ち、スキルと勲章次第では電撃戦がないマンシュタインとでも言うべき、馬鹿げた火力を叩き出す。しかし...行軍力★1なのが惜しい。スキル枠が一つ空いてるのは幸い。

火砲将軍 Edit

張自忠 :シルバー将軍。価格1680で,火砲★5と行軍★3をもつ。スキルもエリート部隊を除けば,十字砲火と火砲指揮官で中々。

ゴヴォロフ :シルバー将軍。価格は2135と値が張るが,火砲★6かつ森の戦いと爆破,砲弾の弾幕をもっており,要塞攻撃に適している。行軍★2なのが惜しい。

海軍将軍 Edit

ニミッツ:普通は第二海軍将なんて雇わないが雇う場合は彼がオススメ。安く、海将として必要最低限の強さを有している。詳しくは上記のニミッツの項目を参照されたし。

 

※以下は第一海軍将としてニミッツを雇っており、デーニッツは雇いたくないという方向け(ただ、筆者は第二海軍将を雇うくらいならニミッツを解雇してデーニッツを雇うことを強くオススメする)。

ハルゼー:南雲より純粋な海軍の能力では劣っているが、南雲には無い機動力がある。また、ハルゼーは南雲と比べるとは多少空軍寄り。

南雲忠一:ハルゼーよりも高いが純粋な海軍の能力ではハルゼーより強い。ただ、機動力が無く瞬発性に欠けるのが難点。

空軍将軍 Edit

山本五十六:ゴールド将軍唯一の空軍将軍。スキルは無いが海軍将としても使える。ただし、高額なため普通はあまり雇われない。また、どのユニットに乗せても空軍か海軍の能力を捨てることになる(空母に乗せても艦砲の射程的に駆逐艦に攻撃された時のみ反撃でき、その時のみ海軍の能力が生きる...が、そんなことは滅多に無いため実質海軍能力を捨てることになる)。そのため、彼に限らないが海空兼任将軍は注意が必要(将軍ページに詳しく記載)。

ハルゼー:山本と同じ、海空兼任将軍。山本より安く、こちらは海軍重視。

※彼らを雇うぐらいならダウディングを雇うことをオススメする(アルノルトは雇用済という設定)。

歩兵将軍 Edit

ルントシュテト:上記のルントシュテトの項目を参照されたし。

山下奉文:上記の山下奉文の項目を参照されたし。

ヴァシレフスキ:ルントシュテトの方が安く、強いため普通はそちらを選ぶ。ルントシュテトを所持していてもう1人歩兵将が欲しいが、山下は高いという方用。

マンネルヘイム:初期から,奇襲3、森の戦い3を持っているので、そのままでも十分使える。空きスキルには流言か、歩兵指揮官がオススメ。遊撃戦でもいいが、突撃の勲章が使えないのと勲章がかかりすぎるので筆者はおすすめしない。

隠れ有能枠(縛りプレイ用) Edit

縛りプレイをする際に検討してもよい将軍。初心者にはお勧めしません。あくまで,縛りプレイをするような上級者向けです。

戦車将軍 Edit

メッセ :上記のメッセの項目を参照されたし。

孫立人 :シルバー将軍縛りをする際に,装甲将軍として雇うとよい。装甲系のスキルを何一つ持っていないが...育成コストこそ高いものの平原に乗せても,森に乗せても強く,機動力が☆4。ヴァトゥーチンなどには使わない余ったコレクションも割り振れるため,育成すれば「ロンメル並みの火力を発揮する人に」化ける。

ボック :ブロンズ将軍。すべてのスキルに無駄がない。火力は低いが...電撃戦持ちで長続きする。

火砲将軍 Edit

ブラッドリー : シルバー将軍。アメリカ軍の人。育成コストこそ「かなり」高いが,唯一シルバー将軍の中で「精密」を初期から持つ。そのため,火砲に載せた時に安定した火力がでる。価格を度外視するなら検討してみよう。

寺内寿一 :ブロンズ将軍。ブロンズの火砲将軍の中では,デフォルトで「精密」をもつため,安定した火力が出せる。

ド・ゴール :ブロンズ将軍。デフォルトで流言を持っている。バドリオやブレーメンよりもお勧めできる。

海軍将軍 Edit

南雲忠一(なぐもん) : シルバー将軍。なっちゃう。階級と機動力が★2と低めなのが弱点。ただその他はシルバー将軍としてはかなり強い。一応陸戦でも空軍があるため腐りにくい(海戦なしのステージなんてあんまり無いが)。

クズネツォフ : ブロンズ将軍。ブロンズ縛りをするなら、彼が海軍将軍内定。流言持ちである上に、海空兼任ができる。詳しくは上記。

マウントバテン : 非常に限定的な条件下でのみ、雇うのを考えてもよい。筆者は「シルバー将軍縛り」かつ「ジブラルタル演習攻略のために」雇った。機動力が☆5まで伸びるため、流言さえ付ければ、なぐもんより動ける。海空兼任はできない。

歩兵将軍 Edit

ヴァシレフスキ : シルバー将軍では最強の歩兵将軍。今作の歩兵は弱いが、有能な将軍がゴールドに多いため縛りプレイでは重宝される。

空軍将軍 Edit

アルノルト : 上記のアルノルトの項目を参照されたし。

ダウディング : 上記のダウディングの項目を参照されたし。

ケッセルリンク: ドイツ将軍縛りをするときのみ空軍将軍として雇うことになる(であろう)人。

おすすめ「できない」将軍 Edit

前作の覇者3では有能だったのに、今作では一転して無能になった人を紹介する。さらに、雇うメリットが全くコストに見合っていない人を紹介。
ドイツの戦車将軍はモーデル「以外」は優秀です。 モーデルを雇うのはメッセを雇ってからキツイ場合でもお勧めできません。

戦車将軍 Edit

パットン : 今作一番の地雷枠。ゴールド将軍とは思えないほど弱い。スキルも貧弱で、雇うためのコストも高い。

グラツィアーニ : スキルが征服向けの将軍。しかし、征服で「必要になる」というわけでもない。機械工以外のスキルがビミョーだし、育成費用と雇うための勲章も高い。彼をチョイスするくらいなら、他のゴールド戦車将軍を雇おう。

チモシェンコ : 前作同様、異常な機動力は健在。しかし、火力系スキルが貧弱で装甲能力は☆4止まり。人海戦術も自分の火力が+されるわけではない。

モーデル : 縛りプレイでも雇うのをお勧めできない。スキルが防御向き。戦車将軍はガンガン前線を押していく人の方が強い。「ドイツ」の戦車将軍でスキルがビミョーなのはこの人「だけ」。メッセを雇ってからキツイときでも雇うのをお勧めできない。

ルクレール : 1939征服では強い。しかし、雇って育成するとなると、「砲弾の弾幕」という死にスキルがどうしても悪くのしかかる。しかも「通りの戦い」の使い勝手が悪い。

オーキンレック : ブロンズ将軍。爆破をもっているが、それ以外のスキルが地味で火力が伸び悩む。同じブロンズ将軍なら、メッセかボックの方が優秀。

火砲将軍 Edit

アレクサンダー : レープと迷った人もいるかもしれないが、「奇襲」という死にスキル持ち。階級が高いのが+ポイントだが、火砲系のスキルが貧弱で伸びしろが悪い。英軍縛りをするときでもなければ雇わない。

チュイコフ : 史実では有能なのだが。スキルがビミョーで伸びしろが悪い。敵の火力が強くなる後半のシナリオではとても太刀打ちできずに死んでしまう。

シミグウィ : AIは火砲将軍として運用しているため、便宜上ココに載せる。機動力しか特筆すべき点がなく、その他の能力が泣きたくなるほど弱い。「シルバー将軍最弱」といっても過言ではない。

バドリオ : 前作では有能だが今作で無能と化した。死にスキルが一番レベルが高いという救いのなさ。同じブロンズ将軍でも寺内かド・ゴールの方が優秀。

ブレーメン : ブロンズ将軍縛りでも雇うのをお勧めできない。上記に同じ。

空軍将軍 Edit

この二人は妥協枠でもあるが、彼らを雇うくらいならダウディングを雇った方がいい。
通常プレイでなら必要ない。

山本五十六 : ザ・オーバースペック。スキルレベルが全て1で、育成費用が悪い。アルノルトには初期の強さとコスパで遥かに劣る。しかも演習やシナリオでは彼ほどのスキルは必要とされない現状がある。最強の空軍将軍を育てたいなら、話は別だが。

ハルゼー : 劣化版山本五十六。彼を空軍将軍として雇うくらいならアルノルト、海空兼任将軍として雇うならニミッツの方が優秀。この二人に劣るので、彼をチョイスするメリットがない。

海軍将軍 Edit

フレッチャー : 何気に海空兼任ができるが、ブロンズ将軍縛りをするときでもお勧めできない。同じブロンズ将軍としてなら、クズネツォフの方が流言持ちで有能である。

歩兵将軍 Edit

歩兵将軍は雇わなくてもシナリオクリアできますが、彼らを雇うくらいなら他の人を雇いましょうということで。

マッカーサー : スキルが微妙。機動力は☆6で化け物クラスだが、それぐらいしか利点が無い。彼を雇うくらいなら、山下さんかルントシュテトを雇おう。

栗林忠道 : ブロンズ将軍。スキルと機動力のなさ、階級の低さ、勲章800以上かかる価格の高さが全てネック。史実では有能というか、素晴らしい人なのに...なんでこうなったんだ(悲しみ)

ハインリッヒ : ブロンズ将軍。機動力は高い。流言もある。しかし歩兵専用スキルが一つしかない上に、重戦車から襲撃されるとすぐ死ぬ(これは彼に限った話ではないが)。価格も800越えで高いのがネック。

スリム : ブロンズ将軍。スキルはいいとこ取りなのだが、決定打に欠ける。特に反撃を防ぐスキルを持っていない(ブロンズ将軍だから追加でつけることができない)のが痛い。似たスキル構成として孫立人がいるが、あちらは「電撃戦」を追加でつけることができる。

ナーセル : 砂漠最強の男。しかし、それは征服で運用するときの話だ。わざわざニッチな征服で使うために雇うのはもったいない。

安価な将軍 Edit

チトー : 安く手に入れることができるが、歩兵である以上死にやすい。また階級も低いため、さらに死に安さが倍増している。シナリオではあんまり活躍できないと思っていい。頭数要因。

クレラー : 万能型といえば聞こえはいいが、乱戦に巻き込まれると死にやすい。メッセの方がはるかに有能である上に長く使える。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ソ連縛りしているが何がおすすめかわからん ジューコフ ロコソフスキー コーネフはもってるけど 他にもっといた方がいい ソ連将軍って何? -- 2020-09-16 (水) 21:57:15
    • 優先度順にバトゥーチン、グズネェツォフ、チュイコフ、ヴァシレフスキ(最悪グズネェツォフの補助に)、もういらんかも知れんがコヴォロフ。空将にはジューコフしか適任者がいないがよほど瀕死じゃない限り後ろの都市に困らせることはないから実際空将なし縛り。グズネェツォフは海で忙しいし。ソ連縛りやったことないけど海軍が海将がブロンズのグズネェツォフだけだからかなり厳しいと思う。そのためにもヴァシレフスキを海将として育てることを視野に入れとかないと。 -- ペレストロイカ 2020-09-16 (水) 22:36:41
    • 別に縛りはしてないけど、ヴァトゥーチン、コーネフ、ロコソフスキー、ゴヴォロフは持ってる。ゴヴォロフは強化しなくても森での火力は高いが、コストは高い。ソ連将は特に弱い人がいない。(バグラミャンを除く)クズネツォフも流言あるから多分冷戦までは大丈夫。ソ連縛りでは流言を付けにくいから現代で苦戦しそう。 -- ホト上級大将 2020-09-17 (木) 00:30:20
    • 返信ありがとうございます! わかりました ちなみにそれぞれの将軍では、何が強いのですか(縛りなしの装甲将 海将 空軍将 火砲将などと言う意味です) -- 2020-09-17 (木) 17:56:36
  • 空軍将ってどうやって使うんですか? -- 2020-09-22 (火) 12:24:04
    • つけた部隊を都市に置くとその都市からの空軍攻撃に反映される。 -- mod先生 2020-09-22 (火) 13:28:11
    • 都市に入る場合は基本的にミサイルのが航空機より強いから高レベルかつ攻撃目標に近い方のミサイルサイロ付き都市に籠らせることになる。火力はあまり期待出来ないけど自軍の援護役としても使える(特にアルノルトは元から流言のレベルが高く、敵を削ることよりかは敵の士気を下げる役目が多い)。ただ、アメリカのステルス戦略爆撃機はとても強力であり、それが使える場合はステルス戦略爆撃機が使えるLv.4空港を所持している都市に置こう。ちなみに、空将はアルノルトがオススメ。ただ空軍の需要が本格的に高くなるのは冷戦後期からだから雇うのは第一第二戦車将、第一火砲将、海将を雇った後になる。 -- ペレストロイカ 2020-09-22 (火) 14:05:48
  • レープを雇ったんですけど、スキル1枠何つけたらいいでしょうか? -- ツキオTV? 2020-09-23 (水) 07:25:15
    • 火力upの精密かな。スキルの勲章を使いたいのなら私がやっているように機械工(火砲は体力が低いから結構回復幅が大きい)や人海戦術あたりをつけたらいい。それと空きスキルを埋めたり、スキルレベルを上げたりするよりは機動力と階級(取り敢えず大佐まで)を上げた方がいい。 -- ペレストロイカ 2020-09-23 (水) 09:38:59
  • 新たに雇うのをお勧めできない将軍の枠を追加。モーデルとか雇わんほうがいいよ!ってこと() -- バグラミャン 2020-10-18 (日) 12:24:02
  • マンシュタイン買ったのですけど、一番最初はグデーリアンで良いですかね? -- リオネル・メッセ? 2020-11-22 (日) 09:29:02
    • はい。グデで大丈夫です。
      コーネフのほうがいいとは思ったんですが始めた段階でコーネフ雇うのはほぼ不可能なのでグデでいいです。 -- mod先生 2020-11-22 (日) 10:02:50
    • 間違えてアカウント消してからの2回目なので、メッセは必要ないです。 -- リオネル・メッセ? 2020-11-22 (日) 11:11:47
    • 間違えてアカウント消してからの2回目なので、メッセは必要ないです。 -- リオネル・メッセ? 2020-11-22 (日) 11:12:06
  • グデーリアンとマンシュタインは、どっちかだけにするならどっちがいいですか? -- はにわ? 2020-12-22 (火) 19:58:56
    • グデーリアンですね。マンシュタインも強いですがスキルをカスタマイズできません。流言を付けられないのがネックです。でも二人とも雇えるのでしたら雇用したほうがいいですよ。 -- 格下編集者 2020-12-22 (火) 20:18:32
  • タイムアタックをするときに使う将軍の陣容を教えて欲しい。 -- 2021-01-17 (日) 01:23:36 New
お名前: