編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2019-08-12 (月) 20:27:59
トップページ / HQ / 将軍 / ブレーメン

将軍 Edit

将軍の情報
title階級大尉
HP124%
コスト715
歩兵1
装甲0
空軍1
火砲3
海軍2
行軍4
スキル効果
砂漠の戦いLv1砂漠で戦闘する時、与ダメージが+5される
火砲指揮官Lv1火砲を指揮する時8%の確率で致命的なダメージを与える
砲弾の弾幕Lv1火砲ユニットの受けたダメージがHPの半分以上を超えた場合、敵に与えるダメージ+5

備考 Edit

トマス・ブレイミー(1884〜1951)はオースラリアの軍人、最終階級は陸軍元帥。
Blameyは1906年にオーストラリアの陸軍に正規兵として入隊し、QuettaのStaff Collegeに通った。第一次世界大戦中、彼は1915年4月25日にアンザックコーブでの着陸に参加し、そして彼が敵ラインの後ろで大胆な急襲のために急送で言及されたガリポリキャンペーンのスタッフ役員を務めました。彼は後に西部戦線で奉仕し、そこで彼はポジエールの戦いの計画において自分自身を際立たせた。彼は准将の地位に昇り、中将 Sir John Monashの下でオーストラリア軍団の隊長を務めました。彼は、Hamelの戦い、Amiensの戦い、Hindenburg線の戦いでの軍団の成功の要因として彼を称しました。

戦後、Blameyはゼネラルスタッフの副チーフを務め、オーストラリア空軍の創設に携わりました。彼は1925年に通常の軍を辞任してビクトリア警察の首席補佐官になったが、1931年に第3師団を指揮するために上昇し、民兵に留まった。首相補佐官として、1923年のビクトリア朝につながった苦情に対処することに着手した。警察のストライキそして、警察犬や無線機を装備するなどの革新を実行しました。チーフコミッショナーとしての彼の任期は、彼の警察バッジが売春宿で見つけられたスキャンダルによって損なわれました、そして、後で警察官の射撃を隠蔽しようとする試みは1936年に彼の強制辞任につながりました。メルボルンのラジオ局3UZ。1938年に連邦政府の人的資源委員会の委員長および新任の統括者総長に任命され、彼はパートタイムボランティアの民兵の規模を倍増した成功した新人選挙運動を率いた。

第二次世界大戦中に、Blameyは第二オーストラリア帝国軍と中東のI軍団を指揮しました。後者の役割で彼は悲惨なギリシャの戦いでオーストラリアと連邦の軍隊に命じた。前者の任務では、彼はあらゆる形態の任務に彼の力を分散させようとしたイギリスの指揮官に対してオーストラリアの利益を保護することを試みた。彼は中東指揮官の副総司令官に任命され、1941年に将軍に昇進しました。1942年に、彼はオーストラリアの軍隊の最高司令官および南西部の連合国土軍の最高司令官としてオーストラリアに戻りましたの指揮下の太平洋地域一般 ダグラス・マッカーサー。マッカーサーとジョンカーティン首相の 命令で、彼はココダトラックキャンペーンの間にニューギニア軍の個人的な指揮を引き受け、物議をかもすような状況の下で中将ゼネラルローウェルと少将アーサーアレンを安心させた。Blameyはまた、重要で勝利を収めたSalamaua-Lae作戦を計画し、実行しました。それにもかかわらず、戦争の最後の作戦の間に彼は陸軍の演技についての猛烈な批判に直面した。彼は日本の降伏の楽器に署名しました 1945年9月2日に東京湾での日本の降伏でオーストラリアを代表して、その後9月9日にモロタイで日本の降伏を個人的に受け入れた。彼は1950年6月に野戦に昇進しました。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ブレーメンやオーストラリア軍についてのエピソード提供をお願いします! -- 2019-03-31 (日) 14:21:38
  • イタリアの軍人がオーストラリア軍を率いて戦ってるのか… -- 2019-05-12 (日) 22:35:27
  • 25で少佐かぁ -- 2019-05-17 (金) 19:36:18
  • なんだこのオッサン(25) -- 2019-06-02 (日) 13:13:15
  • この方はトーマス ブレイミー(Thomas Blamey)将軍のようです。オーストラリア陸軍元帥。1884〜1951。
    第一次大戦から活躍し、第二次大戦では連合軍の一翼としてギリシャ、クレタ戦線やその後ニューギニアなど太平洋戦線に転戦しました。日本の降伏調印にも立ち会っています。 -- 2019-06-06 (木) 01:10:02
    • ではハンス・ブレーメンとは誰なのですか? -- 2019-06-06 (木) 21:53:04
  • これは嘘ですね。そもそもスキルが空軍指揮官って… -- 2019-06-08 (土) 12:01:20
  • 125歳まで生きてて少佐にしかなれないとかオーストラリア軍(イタリア軍?)って厳しいんだなぁ…(白目) -- 2019-07-02 (火) 09:46:07
  • クレラーとブレーメンの扱いは酷い -- 2019-07-07 (日) 02:24:11
  • ハンス・ブレーメンとトーマス・ブレイミーは別人ですか?世界の覇者に登場するのはどちらですか? -- 2019-07-09 (火) 17:23:12
  • 英語のwikiですがこの人ですね

・Thomas Blamey
https://en.wikipedia.org/wiki/Thomas_Blamey -- 2019-07-10 (水) 13:41:38

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-12 (月) 20:27:59 (102d)