編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2020-06-07 (日) 12:41:27
トップページ / HQ / 将軍 / モーデル

将軍 Edit

将軍の情報
title階級少佐
HP128%
コスト1580
歩兵4
装甲5
空軍2
火砲2
海軍0
行軍3
スキル効果
エリート部隊Lv2戦闘中に獲得できる経験値が40%増加する
十字砲火Lv1陸地で敵ユニットから攻撃を受けたとき、反撃ダメージ+6%
山の戦いLv1山地で戦闘する時、与ダメージが+5される

備考 Edit

オットー・モーリッツ・ヴァルター・モーデル(Otto Moritz Walter Model, 1891年1月24日 - 1945年4月21日)は、ドイツの軍人。最終階級は元帥。
渾名としてヒトラーの火消し屋と呼ばれることもある。
前作同様,スキルがいまいちパッとしない。ただ,彼の史実の活躍と照らし合わせると,スキルは彼らしいものが多い。

ゲーム中での備考 Edit

1939ドイツと1943ドイツで使える将軍。1939では中戦車に乗っているので地味だが,ポーランドとソ連を倒すのに活躍する。
1943では重戦車に乗っているため,ドネツィクかスターリングラード攻略に役立つ。

ただ,雇うとなると...スキルが地味である。スキル構成から見てもバグラミャンの上位互換といった感じ...
メッセを雇ったあとにきつい場合でも彼を雇うのはお勧めしない。
頑張ってグデーリアンまで貯めるか,アルノルトもしくはレープを雇った方がゲームを進めていくうえで建設的である。

ただ縛りプレイの条件下だと,エリートがほぼ死にスキルだが,「シルバー戦車将軍の中では」そこそこ強いので,雇うかどうかは好みで決めよう。

エピソード Edit

ドイツの敗戦直前、B軍集団がルール地方で連合国軍に包囲されると、一般市民を含む「逃亡兵」や連合軍との停戦交渉を試みた者を、容赦なく即決裁判で処刑する指令を出すなど苛烈な抵抗を続け、アメリカ軍のマシュー・リッジウェイ少将による降伏勧告も拒絶した。連合軍の包囲網が狭まり壊滅が目前となると、指揮下の部隊に解散を命じた上で、「ドイツの元帥は降伏しないものだ」として連合軍の捕虜となることを潔しとせず、デュースブルク近郊の森で拳銃を使って自決した。ヨーゼフ・ゲッベルス宣伝相は、モーデルの軍集団をドイツ敗戦の責任者として非難する放送を行った。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • バグラミャンの強化版。つまり,オールマイティーに使えない人。
    縛りプレイをするときも彼はあまりお勧めできない。 -- バグラミャン? 2020-03-25 (水) 21:20:29
  • 中戦車に乗っとるから二軍やけど能力はボックとタイやと感じるねん
    1942になると重戦車に乗っかってボック&モーデルでドネツィクに
    仲良く特攻や -- 重課金? 2020-04-05 (日) 00:10:54
  • 無課金勢からしたらドイツにちょこっといるだけの存在。ただ、シナリオとかソ連プレイだったら意外とウザイ。だって微妙に強いし…コーネフに特攻でもされた時にゃブチ切れる可能性有り。1939じゃあソ連の曲射砲部隊を蹴散らしてくる面倒臭い相手。 -- 無課金勢? 2020-06-05 (金) 01:47:33
お名前: