編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2017-12-13 (水) 18:30:29
トップページ / HQ / 将軍 / マンネルヘイム

将軍 Edit

将軍の情報
title階級大佐
HP138%
コスト
歩兵6
装甲0
空軍1
火砲2
海軍1
行軍2
スキル効果
奇襲Lv3歩兵ユニットを指揮する時、与ダメージが+18%
縦深防御Lv1周囲にいる要塞ユニットを修復する。毎ターンHP+4
森の戦いLv3ジャングルで戦闘する時、与ダメージが+15される

備考 Edit

エピソード Edit

カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム(Carl Gustaf Emil Mannerheim スウェーデン語: [ˈkɑːɭ ˈɡɵˈstav ˈeːmɪl ˈmanːɛrˈheɪm]、1867年6月4日 - 1951年1月27日)は、フィンランドの軍人、大統領。フィンランド軍の最高司令官としてフィンランド内戦、冬戦争、継続戦争、ラップランド戦争を指揮した。

士官候補生としてロシア帝国陸軍に入隊し、日露戦争などで実績を積み将軍となった。第一次世界大戦中にフィンランドが独立すると、その後の混乱から起こったフィンランド内戦で、白衛軍(英語版)の司令官として闘った。独立早期、フィンランドが君主制を目指した際には摂政として連合国に独立承認を求めた。その後、一時は公職を離れたが、第二次大戦突入前の情勢不安の中で先の実績を買われて国防委員長となり、軍の装備の更新などに力を入れた。その後のソ連との戦争である冬戦争、継続戦争においては最高指揮官となり、フィンランドの防衛を行った。継続戦争の戦況悪化とナチス・ドイツとの同盟の責任から大統領を辞したリスト・リュティを継いで、1944年から1946年にかけて第6代大統領となり、ラップランド戦争でナチス・ドイツと戦い、ソ連との難しい講和を成し遂げ、独立を保った。

2000年のフィンランド国内の調査においてフィンランドで最も偉大な人物として選ばれた。

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/HQ/将軍/マンネルヘイム?

お名前:

添付ファイル: fileマンネルヘイム.png 1件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 ページ名変更 リロード   新規 ページ一覧 単語検索 最終更新   スマホ版表示に変更   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-13 (水) 18:30:29 (309d)